基礎

【オタク目線のアプリ攻略】with好みカードでイケメン美女を回避

SHUNSUKEです。

ここでは、「マッチング アプリ with」を、
オタク目線で考えていきたいと思います。

withには、どんな利用者にも有効的につかえる
好みカード」という機能があるのをご存知でしょうか?

好みカードの使い方次第で、
「イケメンや美女を回避して、素敵な出会いを楽しむ」ことも可能なんですね!

【オタク目線のアプリ攻略】with好みカードでイケメン美女を回避

withにある出会い機能の1つ「好みカード」とは、

  • カテゴリーで全23ジャンル
  • 詳細項目は1ジャンルにつき、おおよそ100個以上

趣味からつながる出会いの場として、
多くの利用者に使用されています

好みカードは、自分のアカウント(自己紹介)へどれだけでも登録すること可能。
相手と趣味が合えば、そこからマッチングに発展する可能性も!

オタク男性はオタク女性を狙う

そんな「好みカード」ですが
さらに有効に使えば「オタク」でも出会えるきっかけを増やしてくれるのです。

  • 生まれつきのイケメン男性
  • お金持ちのハイクオリティ男性
  • 超美人のモデル女性
  • セレブ

上のような方が好むジャンルで勝つには、
また別のスペックが必要なのは百も承知ですよね。

自信がある隙間ジャンル

一方で好みカードには、
「オタクのユーザーが自ら作成するようなジャンル」が存在します。

世間でいわれる「オタク」といっても多種多様。

アニメオタクもいれば、ゲームオタクの方も存在します。
もっとマニアックなオタクが存在しても、おかしくありません!

女性のアニオタやゲーマーも少なくないですよね。

実は僕SHUNSUKE、
ショップスタッフになる前までは一人のゲームオタク。
それはそれは、ネット対戦を深夜まで繰り広げていたわけですが。。

話がそれましたが、
「オタク知識」を十分にいかした隙間ジャンルを狙っていけば良いのです!

逆に言ったら、
これは「イケメン、ハイクオリティの利用者」にも言えること。

セレブしか知らない世界を、
私のようなオタクが語ることはできませんからね。

(ちなみに、今はどちらにも当てはまらない平凡男性…。)

SUKE
SUKE
好みカードは、
ゲームジャンルやアニメジャンルも充実しているのがわかります。無料会員でも「好みのジャンル」は見れるようになっています。下調べしておくのも良いですね。

好みカードで隙間ジャンルを作る

1つ目では、
オタクの男性や女性が作っていそうな「好みカード」を探すという方法でした。

2つ目は、
「自分しか知らない好みカードを作る方法」をまとめていきます。

好みカードは、withを利用している方ですとご存知かもしれませんが、
自ら作ることができるんですね。

何を意味するかというと・・・。
ゲームやアニメを探していて見つからない
「好みカード」=それは通称「隙間カード」というお宝です。

オタクの男子や女子が好みそうな隙間カードを、
自ら率先してつくってみましょう!

まだまだ作られていないものは、意外にもたくさんあるはずですよ!

SUKE
SUKE
好みカードを検索する際に、右上の並び替えをうまく利用するのがオススメ。並び替えには、

  • 人気順(週間)
  • 最新順
  • 参加者が多い
  • 参加者が少ない

の4つから選択できます。
ここは、あえて少ない順を選ぶのも良いですね。

参加が多いから出会えるという「概念」を捨てておくと、
マッチングにより近づけることもあります。

男女問わず、
オタクでも出会えるキーワードは「隙間」

これを覚えておきましょう。

「出会える方法はいくらでもある」withのオタク戦略まとめ

好みカード機能についてまとめていきましたが、
今回のような探し方はwithだからこそ有効になってきます。

すべてのマッチアプリに、同じような機能がついているとは当然限りませんよね。

マッチングアプリを始める際の、一つの基準にしてみてはいかがでしょうか。

SUKE
SUKE
出会いの場で、オタクということを無理に変える必要はありません。
マッチングアプリだけの為に、本来の自分を見失しなわないようにしてくださいね!
自分が好きでやっていることを、好きになってくれる異性は必ずいます。
出会えないと思っている場合は、

  1. いまよりも積極性をつける
  2. もっと自分を好きになることに注力する

自分のことが好きになれない人は、
異性や友人にもいずれ好意を抱かれなくなります。
SHUNSUKEには、オタクで尊敬できる人が周りにたくさんいますし、
そんな人をたくさん見てきました!

世の中、そういった形で人を見る時代はとっくに終わっているはずです。

メンタリストDaigo監修アプリ「With」