豆知識

【LINEpayのプチ裏技】withの利用料を少しでもお得にする

SHUNSUKEです。
withを使っていると、
いつの間にか料金がかさばっていることはないですか?

長く使うのであれば、少しでも利用料は安く抑えたいところ。
こちらでは、LINEペイを使ったプチ裏技を紹介します。

ただ単に「クレジットカード」で支払うだけではもったいないですよ。

【LINEpayのプチ裏技】withの利用料を少しでもお得にする

別ページでまとめていますが、
withの支払い方法は

  • 一部のクレジットカード
  • アップルIDなどを利用したアカウント決済

の2種類となっています。

もうお気づきの方もいるかと思いますが、
実はAppleIDやGoogleplayへのチャージに「LINEPay」を使うことができます。

LINEPay経由でポイント2倍取り

では、LINEペイを使うことでどんなメリットがあるのか?

通常のクレジットを利用しているだけでは、クレカ分のポイントしかもらえませんよね。

これを、LINEペイでアカウントにチャージしてから利用することで、

  1. LINEpayのポイント
  2. クレジットカードのポイント

2つのポイントをゲットできることになります。
DAISUKEの場合は、
楽天カードとLINEpayを利用していますの。

通常だと1%のポイントしか入ってきませんが、
+2%のポイントを同時にゲットすることが可能です。

1,000円利用なら20ポイント、
1万円利用なら200ポイントを獲得できる計算です。

ローソンやファミリーマートなどのコンビニはもちろん、

使えるお店
  • ジョーシン
  • ゲオ
  • loft
  • Amazonギフト券

などで利用や交換することができます。

with内ではもちろん、アプリの課金などをたくさん使う方ほど、
多くのポイントをゲットできます。

登録も簡単なので、使わない手はないですよね。

「一部注意点あり」LINEPayでチャージを行う

ここで、
ポイントをゲットするための手順をお伝えしていきます。

1.LINEPay各種カードの作成

通常LINEペイはアプリ内にバーチャルカードがあるので、
カードを作らなくても利用できます。

しかし一部のショップなどの利用は、このオンライン上のカードが使えません。
お持ちでない方はカードを発行する必要があります。

今までバーチャルカードのみで利用していた方は、
withのアプリをダウンロード、もしくは登録後でも構いませんので作っておきましょう。
※2019年2月現在、
LINEペイのバーチャルカードも登録可能となっていました。

LINEペイ「バーチャルカード、リアルカード」発行手順

2.アカウントIDにチャージ

AppleIDとGoogleplayで、少し方法が違います。
それぞれの、お持ちの端末による手順をご確認ください!

2-1.AppleIDの場合

AppleIDに登録する場合は、
iTunesもしくはApplestoreから登録するようにしてください。

設定

iTunes storeとApp store

「支払いと配送先」という項目からは、
「有効なクレジットカード番号を入力してください」

とでて、登録がおこなえないようになっています。

App storeにアクセスして、

  1. アカウント
  2. 配送および請求
  3. サインイン
  4. カード番号の入力
  5. セキュリティコードの入力
  6. 有効期限の年月の入力
  7. 終了をタップ

の手順で、お支払い方法の登録を完了させましょう。
またApple Online StoreやiTunesのほかに、icloudなどでもLINE Payカードが使えます。

詳しくは別サイト記事を参照してみてください。

※2019年2月現在、
SHUNSUKEが設定から登録してみましたが、問題なく登録ができました。
上記のサイトの内容とは、システムが変わってるのかもしれません。

2-2.Googleplayの場合

Googleplayの場合は、とても簡単です。

・Android 搭載のスマートフォンまたはタブレットで、
GooglePlayストアアプリを開きます。

・メニュー アイコン   [アカウント情報]  [支払い方法を追加する] をタップします。

・画面の指示に沿って操作します。

・新しいお支払い方法が Google アカウントに追加されます。

参照 Googleplayヘルプ
https://support.google.com/googleplay/answer/4646404?co=GENIE.Platform%3DAndroid&hl=ja

「手間でなければ作るべき」withでLINEPayまとめ

LINEpayを使う手順をまとめてきましたが、

もしも、
「登録までがちょっと手間だな・・・」

と感じる方は、そのままクレジットカードを使うのが手っ取り早いです。
一旦チャージという工程が入るので、
“たかがポイント”の為にと思う方は、それこそストレスに感じてしまいますよね。

冒頭でもご紹介していますが、
アプリによりたくさん課金される方はチャージして損はありません。

withであれば、溜まったポイントを
「いざという時の課金」や「デート」に使うのも良いですね。

興味のある方は是非、
LINEpay経由から利用してみてはいかがでしょうか。

マッチングアプリ「with」無料登録